あらゆるニーズに対応した採用システムとは

価値観が多様化したことで、従来の企業側の都合だけで行う採用活動では、本当に優秀な人材から見限られてしまう危険が出てきました。採用する側だからこそ、自社が求める人材を明確にして、なおかつ、実際に応募してもらうことが重要です。企業によって採用活動における問題点は異なっており、知名度はあるが応募者の管理が十分にできていないところや、経営が安定している優良企業だが世間的にはあまり知られていないところなど、各社のニーズは様々となっています。採用システムは、あらゆるニーズに対応しているので、自社に必要な機能やサービスを重点的に利用できるのが特徴です。効率が良い採用活動が全く分からないのであれば、一部の面接まで含めたフルパッケージでお任せする方法もあります。

採用システムによって社内の採用業務が統一される

多くの企業に共通しているニーズは、社内での採用基準と業務の統一です。大企業ではある程度の基準はできあがっていますが、それでも人によってブレが出てしまいます。応募者1人ずつをチェックしていく形式ゆえ、人事部の採用担当者だけでは対応が追いつかなくなってしまうのが、よくある問題点です。応募者の数が多いからといって、連絡と手配をするだけで業務時間が終わってしまうのは、あまり好ましくありません。採用システムでは、応募者に専用の画面からエントリーさせることで直接データとして管理できます。エントリーそのものは郵送等で行うとしても、データ入力をすることでデータベース管理になるのです。データベース管理をしている採用システムでは、採用活動の各ステップにおいて、現在どれだけの人数がいて、それぞれどのような状況なのかが一目で把握できるから、社内の採用業務を統一できます。

最新の動向を踏まえた会社説明会などを実施できる

採用システムは、ただ応募者からの申し込みを受け付けるだけではなく、最新の動向を踏まえた採用活動への改善にも役立ちます。応募者の数が少なすぎるから改善したいニーズや、応募者と採用したい人材がミスマッチになっているから理由を知りたいニーズにおいても、採用システムによる採用活動の見直しが効果的です。大企業でも使っている採用活動のノウハウや、応募する側から集めたアンケート調査などで、これまで気がつかなかった問題点を顕在化すると同時に、採用システムの提案によって解決できます。コンサルティングにも力を入れている採用システムならば、率直に窓口になっているコンサルタントに相談してみる選択肢もあります。提案型の採用システムであれば、自社の採用活動にまつわる課題とその解決策をセットで提示してくれるから、会社説明会などのイベントをより効果的に実施できるのです。

"採用ホームページはPC、スマートフォン、フィーチャーフォン(ガラケー)の3デバイスに対応。より多くの採用母集団形成、採用率アップ、適正な採用コスト配分、採用現場の進捗可視化など、アルバイト・パート領域の採用課題を改善・解決するクラウドシステムが「リクオプ」です。 導入社数No.1 応募数や業務効率など様々な採用課題を解決する採用システム[リクオプ(Recop)]。 より最適な採用システムへのサポートはリクオプにおまかせ