簡便な操作と効率的な管理を可能とする採用システム

採用システムは、多くの企業の人事部で使用されており、利用者側の意見を取り込むことでより便利になっています。採用活動にかかるコストを低減しつつ、優秀な応募者を厳選していけるので、よりスマートに会社の経営を支える逸材で構成していけるのです。実際に使用する人間に向けたマニュアル等もありますが、基本的に直感的に操作できるレイアウトと仕組みになっているので、資格取得のような難しい勉強は必要ありません。人事部の代表者が研修を受ければ、後はその社員を中心に社内で操作方法を広められます。採用活動では多くの個人情報を扱うため、原則的に人事部の社員ぐらいしか触らないので、他者に操作方法をレクチャーする機会はあまりないものの、簡単な引き継ぎでいつでも他の社員に交代できる点は大きなメリットです。

簡便な操作だから導入がスムーズ

採用システムでは、導入した企業の人事部向けの操作画面があり、通常の範囲ではその操作画面において必要な行動を済ませます。簡便な操作だから導入がスムーズで、忙しい人事部の社員でもすぐに使いこなせるのです。よく使用される機能はすぐに目につく位置に配置するなどの配慮がされており、ムダな手間がなくなったおかげで従来よりも業務スピードが上がったという声もあります。採用システムと聞くと、何だか難しそうなイメージがあるかもしれませんが、インターネットのWEBサイトの閲覧とほぼ同じ感覚で操作できます。カスタマイズできるタイプの採用システムでは、自社でよく使いそうな機能をトップに配置するといった工夫も可能です。人材データバンク等の外部サービスとつながっている採用システムならば、自社が希望する人物像を登録しておくことで、システム上で自動的にマッチングもしてくれます。

効率的な管理で優先順位の高い仕事から取り掛かれる

きちんと1人ずつと向き合う採用活動の最中であっても、人事部は毎月の定型業務を並行して進めなければいけません。仕事はできるだけ集中的に取り組むことが望ましいのですが、全体を把握できていない従来の採用活動では非効率的なやり方から脱却できない場合が多く見られるのです。応募者から内定者までデータベースで一括管理している採用システムを導入すれば、優先順位の高い仕事から取り掛かれるから、一気に仕事の効率がアップします。システム上で入力しておくだけで自動的に応募者への連絡が行われるので、今日は未対応の応募者へまとめて対応するだけで別の仕事を片付けようといった、賢い仕事の進め方を実現できます。採用の各段階にいる応募者のリストや状態が一目瞭然だから、仕事の緩急をつけるタイミングがよく分かると好評です。