内定者管理までカバーできる採用システム

忙しい人事部は目の前のことに集中しがちで、採用が決定した内定者を放置してしまうケースが少なくありません。しかし、内定者はまだ正式に企業の一員となったわけではなく、最終的には複数の内定の中から1つだけを選ぶのです。優秀な人材を採用できて一安心と思っていたら、土壇場でいきなり内定を辞退されてしまったという失敗事例にならないように、採用システムによって内定者管理にも気を配っておきましょう。企業に応募者の採否を決める権利があるのと同様に、内定者にも自分の将来を託す企業を決める権利があることを忘れてはいけません。内定を取れる人間は、その優秀さからおおよそ2つ以上の内定を持っているのが普通だから、自社を選んでもらうためのフォローが決め手になります。

採用システムによる内定者管理なら忙しくてもカバーしやすい

採用システムでは、内定者管理についても充実しています。企業経営としては、多大なコストをかけてまで採用した人材にはぜひ入社してもらいたいので、入社後の早期戦力化も視野に入れたフォローを行う必要があるのです。たとえば、採用となってから入社予定日までろくに連絡もよこさない企業と、こまめに連絡がきて新人研修や会社の具体的な説明が始まる企業とでは、内定者からの印象が大きく異なります。日本ではそう簡単に転職できないので、正社員として入る企業については、内定をもらった後でも厳選するのが一般的です。採用システムによって常に内定者の心を引きつける対応をするのは、もはや人事部として当たり前の対応になってきました。内定者へのフォローとしても、採用システムによってプロのアドバイスを受けられる企業では洗練された内容です。

応募から内定までの採用プロセスを一元管理

正社員の採用では、どの人材が優秀なのかの見極めが難しく、一定水準を超えている人材は一次面接ぐらいまで通す傾向にあります。そのため、社内の関係各位への日程調整も行っている人事部の負担は大きく、応募者への連絡漏れや対応の遅れが出てしまうケースが多く見られます。採用システムを導入すれば、応募から内定までの各段階の状況がオンラインの画面ですぐにチェックできるので、その時に必要な対応を迅速に行うことが可能です。採用プロセスを一元管理できるから、上司への進捗状況の報告としての資料作成に時間がとられることもなく、ムダのない勤務になります。1人の社員に情報が偏らないから、万が一、担当者が病欠などになっても、他の人事部の社員がすぐにカバーして、後日引き継ぎを済ませられるので、内定者への連絡もスピーディーです。