応募者と企業をつなぐ採用システム

採用システムは双方向になっており、企業の人事部の管理画面としてだけではなく、応募者が最初にアプローチする企業の顔でもあります。したがって、採用システムには、応募者と企業のコミュニケーションを活性化する効果も期待できて、単に優秀な人材を採用しやすくなるだけにとどまらない存在です。自社に関心がある人間に宣伝広告をすれば、将来的な利用者や取引先として良い関係を築けます。有能な人間を確保しつつも、それ以外の多くの応募者にも好感を持ってもらえるのが、様々なデータをフィードバックしている採用システムの効果です。人材紹介などの外部サービスと連携させれば、より高度な判断によるピンポイントの採用活動も行えます。フルパッケージで面接までお任せできるのも、採用システムを導入するメリットの1つです。

応募者と個別に向き合える採用システム

応募者にとっては、勇気を出して求人に応募をした状況であり、それに対してどれだけ真摯に向き合ってくれるのかをしっかり見ています。そのため、応募者と企業をつなぐ採用システムによって、それぞれの応募者と個別に向き合うことには、大きな意味があるのです。企業にとっては大勢いる応募者の1人にすぎませんが、応募者にとっては自分の人生すら考えた上での応募だから、採否についてはできるだけ速やかに通知しなければいけません。採用の状況がデータベースからすぐに分かる採用システムならば、散らばった紙の資料やメールを整理する手間を省いて、ダイレクトにそれぞれの応募者へ対応できます。空き時間でも効率良く進められるように工夫されているため、採用システムの画面からそのまま連絡まで済ませられるのも魅力的です。

採用システムは企業のイメージアップとしても有効

採用活動の成功事例を豊富に取り込んできた採用システムは、応募者と企業をつなぐ存在として、企業のイメージアップにも貢献しています。求人に応募してくる時点でその企業のファンであるケースが多く、応募者に会社説明を詳しくすることでイメージアップの効果が期待できるのです。プロが制作した宣伝動画などを掲載して、自由に閲覧できるページから応募させることで、注目度が高い会社説明を行えます。疑似的にオンラインで研修をさせて、よりモチベーションを高めた上で応募させる仕組みの企業もあり、アイディア次第でいくらでもオリジナリティが高い採用活動にできるのが、採用システムのポテンシャルです。採用システムはオンラインで稼働しているので、構成したページの内部を閲覧している段階では、人事部の社員がいちいち対応する必要はありません。